Connect.(コネクト・ドット)

「あ、これってあれだ!」とつながった瞬間を語ってみる、ちょっと変わった書評ブログ。

♯11 生めば生むほど足りなくなるというパラドクス。ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』

 こんにちは。ご無沙汰しております、kazuです。

今回は、この前読んだこの本から。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

続きを読む

#10 心の底から相手の事を想うということ。高野苺『orange』

大変ご無沙汰しております。kazuです。

いやもう、驚きました。このブログの最終更新日は6月5日。
……ほったらかし過ぎました。本当にすみません。

こんなブログ誰も見てないだろう、と思っていたのですが、アクセス解析を見ると誰かが見てくださっているのがわかって、嬉しい限りです。一体誰なんだろう……

というわけで、久々にブログを書こうと思い立ったので書きます。

今回は、この作品から、「相手を思う」ということを考えてみたいと思います。 

orange : 1 (アクションコミックス)

orange(1) (アクションコミックス)

続きを読む

#9 大学生のおすすめ勉強法について真剣に考えてみる。A・W・コーンハウザー『大学で勉強する方法』

こんにちは。kazuです。

今日は、私がこの数か月間悩みに悩んで編み出した、大学生の勉強法について書いていきたいと思います。大学生じゃなくても、役に立つかもしれませんので、ぜひ読んでいってください。

[高等教育シリーズ] 大学で勉強する方法

[高等教育シリーズ] 大学で勉強する方法

続きを読む

#8 覚悟をもって向き合うということ。二ノ宮知子『のだめカンタービレ』

こんにちは。kazuです。ご無沙汰してます。すみません。

今日はこの作品から「覚悟」について考えてみたいと思います。

のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス)

のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス)

続きを読む

#7 「失くしてしまったこと」に気づけるか。川村元気『世界から猫が消えたなら』

こんにちは。kazuです。

今日は、佐藤健主演で話題になった、この本を中心にお話します。

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

続きを読む

#6 もし、愛に形があるとしたら、それはきっと、√(ルート)みたいな形をしている。小川洋子『博士の愛した数式』

こんにちは。kazuです。

今日は、この本を中心にお話します。

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

続きを読む

#5 めちゃくちゃスゴい人がいるので紹介します。金原瑞人『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』

こんにちは。kazuです。

今日は、翻訳家・金原瑞人氏について語ります。

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった

続きを読む